ベストな自転車を選ぶためにも種類ごとの特徴や活躍する場面を知ろう。

シチュエーション別おすすめ自転車

自転車に乗る子ども

 

自転車選びはシチュエーションによって、おすすめのタイプが変わってきます。

 

もちろん好みを重視して選ぶことも大切ですが、シチュエーション別にベストな自転車を選べば後悔するリスクが低いです。

 

また、昨今は自転車のタイプが多様化しているので、何も考えずにママチャリを選ぶのではなく、幅広い選択肢から検討することが大切です。

 

シチュエーション別おすすめ自転車を参考に、自分に合った自転車を選んでみてください。

 

 

通勤・通学におすすめの自転車

 

変速機なしのオーソドックスなママチャリ

赤いカゴ付きママチャリ

おすすめポイント
  • 価格が安い
  • 気兼ねなく使いたおせる
  • 荷物をたくさん乗せられる
  • 変速機がないとチェーンカバーが全面を覆うので錆びにくい
  • チェーンが外れるリスクが低い
  • 軽いので駅前の駐輪場に止めやすい
  • 価格、積載性、利便性、耐久性のバランスが良い

 

注意点

特になし

 

当サイトの見解

距離や坂の状況にもよりますが、メンテナンスをするのが面倒な方は変速機付きよりもオーソドックスで変速なしのママチャリがおすすめ

 

 

クロスバイク

おすすめポイント
  • 速い
  • 軽い
  • リュックとの相性が良い
  • 駅などの2段式駐輪場でも止めるのが楽
  • 週末のサイクリングでも使える

 

注意点
  • 基本的にカゴがない
  • 泥よけがないので雨が降ると服が汚れる

 

当サイトの見解

雨が降ったら自転車を駐輪場に置いて帰れる人やリュック・ボディバックを使う人におすすめ

 

 

ミニベロ

おすすめポイント
  • 軽い
  • コンパクト
  • 速い
  • オシャレ

 

注意点
  • 基本的にカゴがない
  • タイヤが小さいので段差に弱い

 

当サイトの見解

スタイリングに魅力を感じるかがポイント

 

 

電動アシスト自転車

おすすめポイント
  • 移動が楽
  • 荷物をたくさん積める(重たい荷物を積んでも楽ちん)

 

注意点
  • 重たいので2段式駐輪場の上段を使う場合は注意が必要
  • バッテリー切れをするとペダルが重たくなる

 

当サイトの見解

予算に余裕があって利便性を重視するなら断然おすすめ

 

 

 

ダイエットにおすすめの自転車

ロードレーサー

ロードレーサー
おすすめポイント
  • 遠出をする意欲が湧く
  • 前傾姿勢によってインナーマッスルが鍛えられる
  • 力がなくても速く進む

 

注意点
  • 室内保管が望ましい
  • ビンディングシューズ(ペダルと足を固定する)シューズを使う必要がある
  • 購入価格が高い

 

当サイトの見解

自転車を本格的な趣味にする予定がなければ慎重に検討するべき

 

 

 

クロスバイク

おすすめポイント
  • ママチャリよりも圧倒的に速い
  • ギアチェンジがたくさんできる
  • スニーカーでOK
  • カゴ付や泥よけ付タイプもある

 

注意点
  • チェーンのメンテナンスをしっかりする必要がある
  • 雨に弱い
  • ハマるとロードレーサーにすれば良かったと後悔する

 

当サイトの見解

ダイエット目的なら無難な1台

 

 

マウンテンバイク

サイクリングする男性

おすすめポイント
  • ギアの変速が豊富
  • 街中をゆっくり走っても不自然じゃない
  • 安定感がある
  • 上り坂や未舗装道路に強い

 

注意点

オンロードだけだと性能をフル活用できない

 

当サイトの見解

スタイリングの好みが大きなポイント

 

 

子供を乗せる自転車

  • パナソニック、ヤマハ、ブリジストンの3強メーカーのいずれか
  • 20インチの電動アシストタイプ(特に小柄な女性)
  • 前と後ろの3人乗り対応は持っておくと後々便利
  • 移動距離に応じてバッテリー容量タイプを使い分ける

上記、4点を意識して自転車選びをしてみてください。
トップメーカーの20インチ電動アシストタイプが無難でおすすめです。

 

予算をケチって電動アシストなしや、安くて非力な3流メーカーを買うと後悔しやすいので注意しましょう。

参考記事:チャイルドシートの選び方
ページの先頭へ戻る