突然!自分が「加害者になることもある」と自覚し安全運転しましょう。

安全に自転車に乗るために

高齢者と自転車の接触事故自転車は未就学児の小さいお子様から高齢者まで幅広い方が乗れる身近な乗り物ですが、毎年多くの死亡事故や人身事故が発生しています

 

自転車に乗る際は安全対策を徹底しましょう。

 

自転車に不慣れや子供や足腰が衰えている高齢者よりも、若い方がスマホや音楽に気を取られて事故を起こす事例が非常に多いです。

 

安全対策をしっかり行うだけではなく、自転車に乗る際は常に集中して周囲を警戒する安全意識をしっかり持つようにしてください。

 

 

自転車の交通ルール

自転車は基本的に車道を車と同じように左側走行で走るのが基本ルールです。

 

ただし、歩道を走ったら違反ということではなく、歩行者優先で車道側を走ることを条件に歩道走行も認められています。

車道を走る場合は歩道側を走行し、信号のある交差点では車のように交差点の中心付近を通って右折するのではなく、歩行者と同じように一度直進して信号が変わってから交差点を渡る2段階右折が必要です。

  • 原則車道
  • 歩道走行も歩行者優先で安全に走ればOK
  • 信号のある交差点は2段階右折

上記の3点を覚えておけば、大きな交通違反を起こす必要はありません。

 

ロードレーサーなど競技用自転車に乗る場合は、車と同じ速度制限が適用され、20kmや30kmの制限がある道路で全速力を出すと警察に捕まります。

 

原付バイクの30km制限はないので、道路が50km制限であれば自転車でも時速50kmまで出しても問題ありません。

 

ただし、あくまでもスピードを出せる上限であって、制限速度の上限付近で走るように煽るものではありません。

 

速度違反にならない場面でも、全力を出すために視界が狭くなったり、バランスが不安定。適切な制動距離を確保できないなど危険性があれば速度を落として走るようにしましょう。

 

このほか夜間はライトの点灯と後ろ側に反射板を装着し、歩行者に危険を知らせるベルなど必要な保安部品を全て揃えた状態で走ることが必要です。

 

ちなみに一般的な競技用自転車を乗る場合でもライトや反射板を付ければ行動OKになりますが、ブレーキがない本格的な競技用自転車や、ライト・反射板がないBMXなどで公道を走ってはいけません。

ベルは歩行者よりも自転車優先で走るために使うものではありません。

 

歩行者を抜かす際は徐行しながらゆっくり抜かすようにして、自転車の存在に気付かずに歩行者が進路変更する恐れがある時や追突する危険性がある場面などで使うものです。

 

ベルを多様してスピードを落とさずに進む行為はマナー違反なので絶対にやってはいけません。

 

 

ヘルメットの着用は義務?

ヘルメットをかぶる子供平成20年の法改正によって道路交通法第63条の10で18歳未満の子供が自転車に乗る際はヘルメットの着用が義務づけられるようになりました。

 

実際に自転車のノーヘルで警察が罰金刑を科すケースはほとんどありませんが、自治体や学校などが子供のヘルメット着用は厳しく取り締まりをしています。

 

18歳以上の方は義務ではありませんが、ヘルメットを着用しているかで事故・転倒時のリスクが大幅に変わります。

 

昨今はオシャレで軽量な自転車用ヘルメットが増えているので、義務にならない年齢の方でも、なるべくヘルメットを着用するようにしましょう。

 

 

自転車の保険について

自転車の保険は大きく分けて加害者になった時の賠償責任を補償する保険と、乗り手の怪我などを補償する人身傷害保険の2種類があります。

 

賠償保険は自動車保険や火災保険、クレジットカードのオプションで加入できる個人賠償責任保険特約が人気です。

 

年間2千円前後で家族全員の賠償責任が補償されるので、自転車に乗る方は必ず加入するようにしましょう。

 

人身傷害保険は自転車の販売店やネット通販型保険で加入するのが一般的で、保険料の相場は年間3~5千円ほどです。

 

自転車事故では骨折や後遺障害の残る大けがを負うリスクが多数あるので、損害賠償保険と人身傷害保険の双方に加入することを推奨します。

 

 

自転車事故で多いパターン

青信号最後に自転車事故で多いパターンを紹介します。

 

以下のケースは死亡を含めた大きな事故に繋がりやすいので、原因を作らないことを徹底してください。

  • スマホを操作しながら自転車に乗る
  • 交差点で安全確認をせずに進入する
  • イヤホンで音楽を聴きながら自転車に乗る
  • 長いマフラーを垂れ流して自転車に乗る(車輪に引っかかると死亡事故に発展する恐れも)
  • 人通りの多い場所でロードレーサーを全開走行する
  • 交差点でトラックなどの左折に巻き込まれる

いずれも安全意識を持つだけで防止できます。

 

自転車は毎日乗っていると危機感が薄れていってしまうものですが、毎年多くの死亡事故が発生していることを理解して、常に気を引き締めるようにしてください。

 

交通事故における死亡事故の半数以上は自転車と歩行者です。

 

加害者にならないように歩行者や他の自転車に気を配るのはもちろん、周囲の車の存在を常に確認しながら自転車に乗るようにしましょう。

ページの先頭へ戻る