チャイルドシート自転車のデメリットはペダルが重くなってしまうことです。

チャイルドシート搭載自転車の選び方

チャイルドシートに乗る幼児

電動アシスト自転車の普及によってチャイルドシート搭載自転車の人気が拡大しています。

 

自転車用チャイルドシートは昔から広く使われてきましたが、最新モデルは調整機能や座り心地が大幅に進化しています。

 

これからチャイルドシート搭載自転車を買う方に向けて、選び方のポイントをまとめました。

 

前乗せ・後ろ乗せの特徴を知る

チャイルドシートは大きく分けて前乗せと後ろ乗せの2種類があります
それぞれのメリット・デメリットは以下の通りです。

種類 メリット デメリット
前乗せ

子供の様子を見ながら運転できる
リアキャリアを有効活用できる
自転車を漕ぐ力が比較的楽
景色を見やすいので子供が喜ぶ
自転車の操縦が安定しやすい

4歳(15kg)までしか使えない
雨除けなどのオプションが少ない
子供が自力で乗りにくい

後ろ乗せ

6歳(115cm、22kg)頃まで使える
後付けできるタイプが多い
カバーなどのオプションが充実
高性能タイプが多い
乗り降りしやすい
ゆったり座れる

バランスを崩しやすい
子供の様子が見えない

前乗せと後ろ乗せで対応できる年齢が違います。
何歳まで子供を自転車に乗せたいかが重要なポイントです。

 

また、子供の人数や将来の計画に応じて前と後ろの3人乗りに対応できるかも考慮して検討しましょう。

 

 

安全性のチェックポイント

自転車に小さな子供を乗せる場合は安全性がもっとも重要です。
安全性の高い自転車用チャイルドシートを利用する場合は、以下のポイントをチェックしましょう。

  • SGマーク、BAAマーク、JISマークを取得しているか?
  • シートベルトは5点式か?
  • メーカーの信頼性(OGK、パナソニック、ヤマハ、ブリジストンなどが人気)

このほか、子供の体型にマッチできるタイプを選びましょう。
3流ブランド品を選ぶ場合は、各種安全認証・品質保証のマークを取得しているかが特に重要です。

 

 

価格と機能性

チャイルドシート搭載自転車自転車用チャイルドシート単体の価格相場は前乗せ・後ろ乗せともに安いもので5千円前後。高いものでは前乗せ1万円前後。後ろ乗せは2万円ほどのものがあります。

 

売れ筋の価格帯は前乗せ5~8千円。後ろ乗せ1万円前後です。

グレードの高いものは調整機能が充実しているほか、クッション性が優れています。

 

ただし、クッション付きタイプは雨に弱いデメリットがあるので、移動距離が短い方はプラスチックに直接座るタイプを選んだ方がいいケースもあります。

 

ほかにも安全性と快適性を重視する意味でヘッドレスト付タイプがおすすめです。

 

ただし大きすぎると重量や停められる駐輪場の範囲に制限が出るデメリットに注意してください。

移動距離や価値観、何歳まで使いたいかによって価格の安さと機能性のどちらを優先するか決めましょう。

 

新しく自転車を買う場合は、チャイルドシートとセットになっているものが安くて安心です。

 

チャイルドシートは将来交換したり後付けすることもできるので、電動自転車の出力やバッテリー容量、メーカー、デザイン性など自転車本体の性能を重視して選ぶようにしてください。

 

売れ筋は楽に漕げて安定感が高い電動アシスト自転車の20インチホイールタイプです。

 

参考記事:シチュエーション別おすすめ自転車
ページの先頭へ戻る